名古屋市の歯医者 プルチーノ歯科・矯正歯科神宮前

プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前

名古屋市 熱田区のプルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前では
矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

マウスピース矯正中は
いつも通り食事や運動できる?
よくある質問について解説

Invisalign

歯並び矯正
無料カウンセリング実施中

貴方の悩みやご要望をお気軽にご相談ください。
目的・要望に沿った治療内容・治療計画をご提案いたします。

マウスピース矯正中の食事はいつも通りできる?

マウスピース矯正中の食事について、まず気になるのが「食事はマウスピースを装着したままでいいのか」です。

マウスピース矯正をしている間は、基本的には食事をする際にはマウスピースを外すことが推奨されています。食事をする際にマウスピースを外して歯磨きをし、その後再び装着することで口腔衛生の維持ができます。

食事時に気をつけるべきこととしては、硬い食べ物や粘着性の高い食べ物などを避けることが挙げられます。これらの食べ物はマウスピースに損傷を与える恐れがありますので、摂取には注意が必要です。

また、飲み物については基本的には水以外の飲み物は摂取する際にはマウスピースを外すことが望ましいです。特に色の濃い飲み物や砂糖を多く含む飲み物は、マウスピースに着色や腐食を引き起こす可能性があるため、摂取を控えるか注意が必要です。

マウスピース矯正中の運動は大丈夫?

マウスピース矯正中の運動については、運動中もマウスピースを装着したままであることが推奨されます。

運動中にマウスピース矯正が影響するかは、個人の感じ方や矯正の具合によって異なりますが、基本的には運動による影響は少ないとされています。

マウスピース矯正に関するよくある質問

マウスピース矯正に関するよくある質問について、以下に質問とそれぞれの回答をご紹介します。

Q1. マウスピース矯正中はいつも通り食事できますか?
A1. 基本的には問題ありません。ただし、硬い食べ物や粘着性の高い食べ物はマウスピースを破損したり、歯に負担をかけたりする可能性があるので、避けた方が良いでしょう。
Q2. 具体的にはどのような食べ物を避けるべきですか?
A2. 避けるべき食べ物:
  • 硬い食べ物:ナッツ類、リンゴ、ニンジンなど
  • 粘着性の高い食べ物:餅、キャラメル、ガムなど
  • 繊維質が多い食べ物:セロリ、ゴボウ、アスパラガスなど
  • 酸性の強い食べ物:柑橘類、トマト、梅干しなど
Q3. 食事中にマウスピースを外しても良いですか?
A3. はい、食事中はマウスピースを外して構いません。ただし、食後はしっかりと歯磨きをして、マウスピースを装着する前に水で洗い流してください。
Q4. マウスピース矯正中はいつも通り運動できますか?
A4. はい、ほとんどの運動は問題なく行えます。ただし、激しいスポーツやぶつかり合いのあるスポーツは、マウスピースが破損したり、歯に負担をかけたりする可能性があるので、注意が必要です。
Q5. マウスピース矯正中にやってはいけない運動は?
A5. 控えるべき運動:
  • 激しいコンタクトスポーツ:ラグビー、アメフト、ボクシングなど
  • 顔にボールが当たるスポーツ:バレーボール、バスケットボール、サッカーなど
  • 歯を食いしばるような運動:ウェイトトレーニング、パワーリフティングなど
Q6. 運動中にマウスピースを外しても良いですか?
A6. 運動中にマウスピースを外す場合は、紛失しないように注意が必要です。また、運動後はしっかりと歯磨きをして、マウスピースを装着する前に水で洗い流してください。
Q7. マウスピース矯正中は虫歯になりやすいですか?
A7. マウスピースを装着していると、歯垢が溜まりやすくなり、虫歯になりやすいリスクが高まります。そのため、毎食後の歯磨きと、定期的な歯科検診が重要です。
Q8. マウスピース矯正中は口臭が気になることがありますか?
A8. マウスピースを装着していると、口臭が気になることがあります。これは、マウスピースが唾液の分泌を妨げてしまうためです。口臭が気になる場合は、こまめに水で口の中を潤したり、マウスピースクリーナーで洗浄したりすることをおすすめします。
Q9. マウスピース矯正中は発音が変わる?
A9. マウスピースを装着すると、発音が変わる場合があります。これは、マウスピースが舌の動きを妨げてしまうためです。発音が気になる場合は、矯正歯科医に相談しましょう。
Q10. マウスピース矯正中は喫煙しても大丈夫?
A10. マウスピース矯正中は喫煙を控えてください。喫煙は歯周病や虫歯のリスクを高め、矯正治療の妨げになります。
Q11. マウスピースを紛失した場合はどうすれば良い?
A11. マウスピースを紛失した場合は、すぐに矯正歯科医院に連絡してください。新しいマウスピースを作製する必要があります。
Q12. マウスピースが破損した場合はどうすれば良い?
A12. マウスピースが破損した場合は、すぐに矯正歯科医院に連絡してください。破損したマウスピースを使い続けると、歯並びに悪影響を与える可能性があります。
Q13. マウスピース矯正中は定期的に通院する必要がある?
A13. はい、マウスピース矯正中は定期的に通院する必要があります。矯正歯科医が歯並びの状態を確認し、必要に応じてマウスピースを調整します。
Q14. マウスピース矯正の費用はどのくらい?
A14. マウスピース矯正の費用は、矯正方法や歯並びの状態によって異なります。一般的には、50万円~100万円程度です。
Q15. マウスピース矯正はどのくらい時間がかかる?
A15. マウスピース矯正の時間は、歯並びの状態によって異なります。一般的には、1年~3年程度です。
Q16. マウスピース矯正は誰でも受けられる?
A16. マウスピース矯正は、虫歯や歯周病などの口腔内疾患がないことが条件となります。また、重度の歯並びの不正の場合は、マウスピース矯正では対応できない場合があります。
Q17. マウスピース矯正のメリットは?
A17. マウスピース矯正のメリットには、以下があります:
  • ワイヤー矯正に比べて目立ちにくい
  • 取り外しが可能なので、食事や歯磨きがしやすい
  • 痛みが少ない
  • 金属アレルギーの人でも安心
  • 治療期間が短く済む場合がある
Q18. マウスピース矯正のデメリットは?
A18. マウスピース矯正のデメリットには、以下があります:
  • ワイヤー矯正に比べて費用が高い
  • 自分で管理する必要がある
  • 装着時間を守らないと効果が出ない
  • 歯並びによっては対応できない場合がある
Q19. マウスピース矯正を成功させるためには?
A19. 成功のためには、以下のポイントが重要です:
  • 矯正歯科医の指示をしっかりと守る
  • 食事や運動の注意事項を守る
  • 定期的に通院する
  • 口腔内の健康を維持する
Q20. マウスピース矯正は痛くない?
A20. マウスピース矯正は、ワイヤー矯正に比べて痛みは少ないと言われています。しかし、歯並びの状態によっては、痛みを感じる場合があります。
Q21. マウスピース矯正中に矯正歯科医院を変えられますか?
A21. マウスピース矯正中に矯正歯科医院を変えることは可能ですが、新しい矯正歯科医院で治療を継続できるかどうかは、事前に確認が必要です。
Q22. マウスピース矯正は子供でも受けられる?
A22. マウスピース矯正は子供の歯並びにも適用可能です。ただし、子供の成長に合わせて治療計画を調整する必要があります。
Q23. マウスピース矯正は大人になってからでも受けられる?
A23. マウスピース矯正は大人でも受けることができます。年齢が上がると治療に時間がかかる場合がありますが、効果的な治療が可能です。
Q24. マウスピース矯正は保険適用されますか?
A24. マウスピース矯正は基本的に自費治療となり、保険適用外です。ただし、特定の症例においては保険適用の可能性があります。
Q25. マウスピース矯正とワイヤー矯正のどちらを選ぶべき?
A25. 選択は個人の状況や好みによります。メリットとデメリットを比較し、矯正歯科医と相談の上で、最適な治療法を選択してください。
Q26. マウスピース矯正についてもっと詳しく知りたい場合は?
A26. 詳細情報は矯正歯科医院に直接相談することをおすすめします。専門医が個別の状況に応じたアドバイスを提供してくれます。
Q27. マウスピース矯正を始める前に準備しておくべきことは?
A27. 治療前の準備としては、口腔内の健康状態を整え、必要な費用の準備、日常生活でマウスピースを装着する時間の確保などがあります。
Q28. マウスピース矯正中に気を付けるべきことは?
A28. マウスピースの正しい装着、食事や口腔衛生への注意、定期的な通院、口腔内の健康維持が重要です。
Q29. マウスピース矯正は日常生活に支障をきたしますか?
A29. マウスピース矯正は日常生活に大きな支障を与えることは少ないですが、初期は発音の変化や違和感を感じることがあります。
Q30. マウスピース矯正は本当に効果がある?
A30. 適切な使用と管理の下で、マウスピース矯正は効果的です。矯正歯科医の指示に従い、定期的なフォローアップを受けることが重要です。
Q31. マウスピース矯正はどのくらい費用がかかる?
A31. マウスピース矯正の費用は、治療の複雑さや期間によって異なりますが、一般的には50万円~100万円程度が目安です。
Q32. マウスピース矯正はどのくらい時間がかかる?
A32. 治療期間は個人の歯並びや噛み合わせの状態によりますが、一般的には1年から3年程度が平均的な期間です。
Q33. マウスピース矯正は誰でも受けられる?
A33. マウスピース矯正はほとんどの人が受けることができますが、重度の歯並びの不正や特定の口腔内の問題がある場合は、別の矯正治療が推奨されることがあります。
抜歯の費用は、一般的に歯1本あたり5,000〜1万円程度となっていますが、状況によって保険適用の可能性もあります。

ぜひ無料カウンセリングを気軽に
ご活用ください

インビザライン ダイヤモンドプロバイダー認定を受けている名古屋市・四日市・東京港区の歯医者「プルチーノ歯科・矯正歯科」は、県内外から多数のご相談・ご依頼を頂いております(インビザライン症例数1,500以上※2017年〜2022年3月)。

当院では、より多くの患者様のお悩みの解決につながればと考え、「矯正無料相談」にも対応し、患者様のお口の悩みやご要望について丁寧にカウンセリングを行なっています。インビザラインのメリットやデメリット、具体的な治療方法や期間、費用についてしっかりとご説明いたします。

インビザライン矯正認定医として、これまでに培った知識や技術を元に、様々な歯並び・お悩みに対応可能です。実際に治療を始めるかどうかは、
ご相談後にじっくり考えてから決めていただく事も勿論できますので、どうぞ安心して私たちにご相談ください。

無料相談はこちら
公的医療保険が適用されない
自由診療について
インプラントについて

インプラントは、今までの入れ歯や歯と歯の間に人口の歯を設けるブリッジとは異なり、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)をご自身の顎の骨に埋め込み、固定します。その上に人工の歯を装着します。ブリッジなどの場合、周りの歯を削る必要性があり、健康な歯に負担をかけてしまいますが、健康な歯を削ることはありません。

施術の価格
インプラント埋入施術
350,000円(税込385,000円)~
500,000円(税込550,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラントは外科治療を必要なため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる場合があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。インプラント上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れる、欠ける、ゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病と同じように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスが必須になります。
審美治療について

セラミック製の⼈⼯⻭を⽤いて⻭の⽋損した部位を補ったり⻭列を整えたり、特殊な薬剤やライトを使⽤して⻭を漂⽩するなどして、美しい⼝元をつくります。

施術の価格
セラミック治療:
65,000円(税込71,500円)〜
150,000円(税込165,000円)

ホワイトニング:
12,000円(税込13,200円)〜
60,000円(税込66,000円)
(※⼝腔内の状況や治療内容により異なります。)
施術のリスク・副作用
【ホワイトニング】
ホワイトニング剤の刺激により、施術中あるいは施術後に冷たいものが⻭にしみる知覚過敏症状をともなうことがあります。
【セラミック治療】
⻭を削ることとなります。また場合によっては、治療箇所周囲の健康な⻭を削ることもございます。⻭を削ることで痛み・しみ・知覚過敏が起こることがあります。被せ物や詰め物は経年劣化する場合があります。
インビザラインを用いた矯正治療について

インビザラインとは、透明で取り外しのできる”マウスピース型”の矯正装置で、最近は患者様の認知度も高くなってきております。
マウスピースが透明で、装着していても目立たず食事中などは取り外しが可能なので、従来のワイヤー矯正の様なわずらわしさがありません。
治療方法は、最終の歯並びまでのマウスピースを複数作製し、1つのマウスピースを一定の期間装着し、段階的に歯を動かしていく矯正治療装置です。

施術の価格
700,000円(税込770,000円)~
900,000円(税込990,000円)
施術のリスク
副作用
 全ての医療と同様に歯科矯正治療にも潜在的なリスク・副作用があることをご理解ください。
※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。
・最初は矯正装置の装着による不快感や痛み等が生じることがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、当初予想されていた治療期間より延長する可能性があります。
・矯正治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病の罹患リスクが高まります。そのため、丁寧な歯磨きや、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。
・歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることが稀にあります。また、歯ぐきがやせてラインが下がることがあります。
・ごく稀に歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごく稀に歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
・矯正治療中は咬み合わせが変化することで、一時的に顎関節に負担がかかり「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。 ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
・歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
・何らかの要因で矯正装置を誤飲する可能性があります。
・矯正装置を外す際に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
・矯正装置が外れた後も、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療 (修復物)などをやり直す可能性があります。
・あごの成長発育によってかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
⻭列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)について

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)は、歯を直接的に動かす一般的な矯正ではなく、お口周りの筋機能(口腔周囲筋)を鍛える治療です。
マウスピースを装着して、顎骨の成 長を阻害する口呼吸や舌の位置を正常に補正し、永久歯がきれいに生えるスペースを確保することによって、将来的な歯並び、咬み合わせを良い方向へ導きます。

施術の価格
プレオルソ&MFT治療による一期治療
400,000円(税込440,000円)
インビザライン ファースト + プレオルソ(6-10歳)
一期治療 500,000円(税込550,000円)
二期治療 300,000円(税込330,000円)
施術のリスク
副作用
 全ての医療と同様に⻭科矯正治療にも潜在的なリスクや副作用があることをご理解ください。
※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。
・最初は矯正装置の装着による不快感や痛み等が生じることがあります。
・⻭の動き方には個人差があるため、当初予想されていた治療期間より延⻑する可能性があります。
・矯正治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなります。むし⻭や⻭周病の罹患リスクが高まります。そのため、丁寧な⻭磨きや、定期的なメンテナンスを受けること が重要です。
・⻭を動かすことにより⻭根が吸収して短くなることが稀にあります。また、⻭ぐきがやせてラインが下がることがあります。
・ごく稀に⻭が骨と癒着していて⻭が動かないことがあります。
・ごく稀に⻭を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
・矯正治療中は咬み合わせが変化することで、一時的に顎関節に負担がかかり「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
・⻭の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
・何らかの要因で矯正装置を誤飲する可能性があります。
・矯正装置を外す際に、エナメル質に微小な⻲裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
・矯正装置が外れた後も、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし⻭の治療 (修復物)などをやり直す可能性があります。
・あごの成⻑発育によってかみ合わせや⻭並びが変化する可能性があります。
・矯正⻭科治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

未承認医療機器の使用について

プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前

名古屋市の歯医者
プルチーノ歯科・矯正歯科神宮前