名古屋市の歯医者 プルチーノ歯科・矯正歯科神宮前

プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前

名古屋市 熱田区のプルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前では
矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

根管治療

Endo

一人ひとりに合った歯科治療プランをご提案いたします。

貴方の悩みやご要望をお気軽にご相談ください。
目的・要望に沿った治療内容・治療計画をご提案いたします。

根管治療

根管治療とは

根管治療は、歯の根っこ(歯根)の内部にある「根管」という管の中を清掃・消毒し、専用の詰め物を入れる治療です。歯医者さんで「神経を抜く治療」「歯の根っこの治療」とよくいわれるのが、この根管治療にあたります。根管治療では「ファイル」「リーマー」と呼ばれる細い器具を使って、細菌に感染した神経やその他の感染物質などを除去します。さらに薬剤を使って根管内に生息する細菌を可能なかぎり取りのぞき、最後に専用の詰め物を緊密に入れてを再感染を防ぎます。

根管治療

根管治療が必要なケース

  1. 大きな虫歯で、通常の虫歯治療をしても痛みが改善されない 虫歯の進行 虫歯を除去したにもかかわらず、痛みなどの症状が改善されない場合に、神経を抜く治療(抜髄)が必要になるケースがあります。
  2. 虫歯が大きく、神経にまで達している 虫歯進行 虫歯が進行し、神経にまで達した場合(C3)は、神経を抜く治療(抜髄)が必要です。
  3. 過去に神経を抜く治療をした歯に、腫れや痛みが生じた 痛む女性 過去に神経を抜く治療をした歯の根っこの先に病巣ができ、それにともない痛みや腫れなどの症状が現れた場合は感染根管治療が必要となります。
  4. 過去に神経を抜く治療をしたが、その治療が不十分 レントゲン結果 過去に神経を抜く治療をした歯でとくに症状がない場合でも、治療が不十分と判断した場合には再度根管治療を行うことがあります。

根管治療の重要性

1本の歯は歯ぐきより上に見える「歯冠(しかん)」と、歯ぐきの中にある「歯根(しこん)」からなり、歯根は歯の土台部分にあたります。根管治療はその土台の治療、たとえるなら建物を建てる前の基礎工事です。どんなに立派な建物も基礎の部分がしっかりしていないと、大きな災害や地震などが襲ってきた時にたちまち崩れてしまいます。
歯もこれと同じで、いかに完璧な詰め物や被せ物を入れたとしても、根管治療が不十分のままではやがて歯根の先に炎症を起こし、再度治療が必要になってしまうわけです。
さらに歯根の先に病巣ができると、その病巣によって周囲の骨が破壊され、最悪のケースでは歯を残せなくなってしまいます。したがって、自身の歯を長く維持するためには、根管治療をしっかり行うことが重要です。

根管治療の治療中の痛みについて

虫歯が進行して神経にまで達したケースでは治療中に痛みをともなうことが多いため、治療では必ず麻酔をかけて処置を行います。 過去に神経を抜いた歯については、基本的に治療で痛みを感じることはありません。歯の状態によっては根っこの先に器具が触れた際に痛みをともなうこともありますが、そのような場合は麻酔を使用して痛みを和らげます。ただ、いずれのケースも炎症が強いと麻酔がうまく効かないこともあるため、症状がひどくなる前に歯科医院を受診し、治療を受けることが肝心です。

歯の神経がない状態でも痛みを感じる理由

過去に神経を抜いた歯でも、ある時痛みを感じることがあります。なぜこのようなことが起こるかといえば、過去の治療で除去しきれなかった根管内の細菌が歯根の先に感染し、炎症を起こしたり病巣ができたりするためです。
これらは「根尖性歯周炎」「根尖病巣」と呼ばれる状態で、歯がうずくような痛みや食べ物を噛んだ時にズキっとした痛みを生じます。また、急性症状では何もしなくてもズキズキする痛みをともなうこともあります。このような状態至った場合は過去に入れた詰め物をすべて除去し、再度根管治療が必要です

根管治療をしなかった場合

根管治療では根管内の清掃と消毒が終ったあと、「ガッタパーチャ」と呼ばれる詰め物を緊密につめて細菌の侵入・増殖を防ぎます。 根管治療をしない、あるいは治療が不十分だと空洞になった根管内に細菌が増殖し、その細菌はやがて根管を通じて周囲の骨にまで広がってしまいます。最悪のケースでは、自身の歯が残せなくなるおそれもあるため注意が必要です。

根管治療の治療期間

根管治療にかかる期間は治療する歯や症状によって異なります。目安としては、神経を抜く治療(抜髄)で1ヶ月程度、再治療(感染根管治療)は2~3ヶ月程度です。 痛みや腫れがなくなったからといって治療を中断すると、病状が悪化して激しい痛みや腫れが出るおそれがあります。最悪のケースでは歯が残せなくなる可能性もあるため、必ず治療が終るまで通院するようにしてください。

当院の設備

当院では、CT・マイクロスコープといった機材を完備しています。これらにより歯の複雑な構造を3次元的に確認すること、肉眼では見えない虫歯や破折を見つけることが可能となります。また保険適用外にはなりますが、MTAセメントといって殺菌作用があり、生体にも優しいお薬を使用することにより、根の中に穴が開いてしまっていたり、根の先が破壊されているような症例でも治癒を目指すことができます。

マイクロスコープを用いた治療

マイクロスコープとは

マイクロスコープは医療用の顕微鏡で、これまでにも心臓外科や脳神経外科、美容整形などの医療分野で使用されてきました。近年はこれを歯科用に応用したマイクロスコープが誕生し、導入する歯科医院も増えています。
マイクロスコープの最大の特長は、肉眼では見えにくい細かい部位を3~30倍ほどまで拡大できる点です。さらに、マイクロスコープのレンズにはライトがついているため、肉眼で見る時よりも視野が明確になります。

マイクロスコープを用いて、より精密な環境下での
歯科治療

人間の目視だけでの治療には限界があります。
拡大顕微鏡のマイクロスコープは、肉眼の10〜40倍の拡大率にて、歯や歯の周囲、お口の中を高倍率にて観察すができ、眼では発見できない病気の原因や、修復精度の確認ができるようになりました。
今までは歯を抜く形で治療する、完治しかなかった歯も、マイクロスコープを用いることによって、より高精度な治療を行い、歯を残せるケースも増えております。
プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前では、マイクロスコープを使用した拡大視野下にて精密な診療が行える環境にて、全ての歯科医師と歯科衛生士が治療を行います。

マイクロスコープを用いた治療の特徴

  • 全ての歯科医師・歯科衛生士が拡大視野下で行う診療
  • 拡大視野下・高倍率での精密な治療・メインテナンス
    ラバーダムを用いた根管治療・虫歯治療・歯根端切除術・歯周病治療・インプラント治療・マウスピースを用いた矯正治療(インビザライン)
  • マイクロスコープを用いて高倍率で撮影した画像での説明

マイクロスコープを使用して
治療するメリット

正確な審査・診断と
治療が行える

マイクロスコープを使用することで、お口の中の患部を拡大して治療が行える為、より効率的、精度が高い治療をが行えます。

患者様の
治療負担を軽減

むし歯などを最小限で除去できる (必要以上に歯を削らない)ため、治療中や治療後の出血や腫れも少なく、早い完治にもつながります。

お口の中、治療中の様子を映像で
確認することができる

治療時の様子や治療説明の際に撮影した動画を、患者様自身が確認することができるので、より治療箇所や治療内容がわかりやすくなります。

ラバーダムを用いた根管治療について

ラバーダムとは

ラバーダムは治療する歯だけを表に出し、残りの部分をゴム製のシートで覆う医療用のマスクです。治療する根管内への細菌の侵入を防ぐほか、器具の誤飲などを防ぐ効果があります。

ラバーダムの重要性

根管治療は「根管内をいかに無菌に近い状態に近づけるか」が治療の成否をわけます。一方で、根管治療中は唾液などを介して根管内に新たな細菌が侵入することも多く、治療と細菌のいたちごっこになってしまうことも少なくありません。根管治療でラバーダムを使用すると根管内に唾液や水分が入り込むことがなく、治療の予後もよくなります。

根管治療に関しての質問

根管治療はどこの歯科医院で診ても、診断・治療内容は同じでしょうか?

根管治療は基本的に保険診療ですので、どの歯科医院でも治療の内容や費用はかわりません。 一方で、一部の歯科医院では高精度機器や薬剤(マイクロスコ―プ、MTAセメントなど)を使用した精密根管治療を実施しているところもあります。このような精密根管治療については保険が適用されない(自費診療)であることも多いため、受診前に確認しておきましょう。

他院で「抜歯」と診断されてしまい、治療内容に悩んでいる・困っています

上記したような設備・薬剤はもちろんのこと、当院ではラバーダムというゴムのマスクを使用することにより、根管への唾液の侵入を防ぎ、無菌的に治療を行うことができます。これにより、根管治療の成功率を上げ、長くご自身の歯を使っていただくことを可能にします。

公的医療保険が適用されない
自由診療について
インプラントについて

インプラントは、今までの入れ歯や歯と歯の間に人口の歯を設けるブリッジとは異なり、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)をご自身の顎の骨に埋め込み、固定します。その上に人工の歯を装着します。ブリッジなどの場合、周りの歯を削る必要性があり、健康な歯に負担をかけてしまいますが、健康な歯を削ることはありません。

施術の価格
インプラント埋入施術
350,000円(税込385,000円)~500,000円(税込550,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラントは外科治療を必要なため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる場合があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。インプラント上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れる、欠ける、ゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病と同じように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスが必須になります。
審美歯科について

審美歯科とは、天然の歯のように、見た目が美しく、自然な口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの治療は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主に、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる歯の修復治療と、歯の表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。患者様のご要望・目的・処置方法がございますので、審美歯科にかかる費用は、その治療法により大きく変わってきます。

施術の価格
20,000円(税込22,000円)~
210,000円(税込231,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク
副作用
【ホワイトニング】
ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
【オールセラミッククラウン】
金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
【セラミックインレー】
部分的に削った歯に装着するので、削る歯の量が比較的多くなります。
【ラミネートベニア】
強い力のかかる臼歯部などに装着する場合、割れてしまうことがあります。
【メタルセラミッククラウン】
金属を全く使用しないオールセラミックと比べると白くないので、審美的な見た目はやや劣ります。また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる可能性、金属アレルギーを引き起こす要因になる可能性がございます。

プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前

名古屋市の歯医者
プルチーノ歯科・矯正歯科神宮前